おすすめ!ペットホテル厳選ランキング

総合ランキング

WANCOTT(ワンコット)
評価★★★★★
イオンペット
評価★★★★★
ハナモペットホテル
評価★★★★

home > ペット用のホテルについて > 飼い主が留守中のペットのお世話方法

飼い主が留守中のペットのお世話方法

愛するペットとはいつも一緒にいられることが理想ですが、飼い主が旅行や出張などで何日も家を空けることもあります。
そんな場合はペットだけを家に置いておくのは難しくなりますので、留守中のお世話を依頼できる場所も見つけておきましょう。
友人や知人、親戚などに預けるという方法もありますが、預かってくれる人が見つからない場合はペットホテルの利用も考えてみてはいかがでしょうか。
こうしたホテルでは、食事や排せつの世話を行ってくれることはもちろん、散歩や遊びにも対応してくれます。
美容院と併設されていることも多いので、ホテル滞在中にトリミングやシャンプーを依頼することもできます。
サービス内容や料金はホテルごとに違いがありますが、ペットが快適に過ごせることが大事ですので、信頼性が高く、スタッフの質の良いホテルを選んであげましょう。

 
ペットホテルに預けておくと留守中のお世話は安心することができますが、それでも慣れない環境に置くこととなりますので、不安を感じる飼い主さんもあるのではないでしょうか。
ペットホテルに預ける際に気になることは、感染症もあげられます。
ペットホテルでは多くの動物が利用していますので、飛沫感染や接触による感染が起こる可能性がないとも言えません。
感染症はワクチンで予防できることも多いので、利用規約に混合ワクチンの接種が盛り込まれているかよく確認しておきましょう。
そして清潔な環境であることも大事ですので、実際にペットを預けるまでにホテルを確認しておくことがおすすめです。
さらに夜間は監視カメラで管理している場合もあれば、24時間スタッフが常駐しているホテルもありますので、夜間の対応がどのように行われているかも調べておきたいところです。

 
ペットは環境の変化に弱い傾向があり、慣れていないペットホテルでは急に体調を崩してしまう可能性もあります。
体調に変化が出た場合はホテルから飼い主へ連絡が入ることとなりますが、その内容によっては治療が必要となることもあります。
ペットホテルでは勝手な判断で治療を行うことはできませんが、飼い主から指示があれば、病院に連れていき、治療を行うこともできます。
体調に変化なく、元気で過ごせることが理想ですが、急な病気のときもすぐに対応できるペットホテルならより安心して預けることができます。
ペットホテルに動物病院が併設されていると、もしもの病気の際にもすぐに対応することができますので、ペットの体調に不安がある、持病があるなどの場合は、最初から動物病院と併設のホテルを選ぶことがおすすめです。
預ける際は健康状態のこともしっかり伝えておきましょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP